電柱広告は、事業開始から今年で133年目を迎え、
これからも進化し続けます!

明治23年5月28日、当時の警視庁から東京「麹町区飯田町2丁目」と「麹町区麹町通」の電柱に 国内で初めて広告掲出許可が出され電柱広告事業を開始した日が「電柱広告の日」です。

  • 昭和6年頃の電柱広告
    埼玉県熊谷市

  • 昭和10年頃の電柱広告
    福岡県平和台

  • 現在の電柱広告

当連合会は地域社会の一員として、電柱広告事業を通してお客さまと地域の皆さまとのコミュニケーションを大切にし、街並みや景観に配慮した電柱広告を目指すとともに、自治体や地域の皆さまのニーズに即した誘導案内広告、地域振興・街おこし広告をはじめとする地域貢献型広告の普及拡大および公共広告の提供に努め、地域社会に貢献する活動を推進しています。

公式X(旧Twitter)

公式Xはこちら

トピックス

2024.01.31
プロバスケットボール「信州ブレイブウォリアーズ」が長野市に一風変わった応援広告を掲出しました。
(中電クラビス)
>詳細はこちら
2023.11.24
各社からの紹介ページに、北海道電柱広告協議会の取り組み事例を追加しました。
>詳細はこちら
2023.10.30
電柱アートデザインコンクールが11月1日から、奈良市の旧市街『ならまち』で開催されます。
>詳細はこちら
2023.09.22
北配電業株式会社が『石川県ビジュアルデザイン協会賞』を受賞いたしました。
>詳細はこちら
2023.08.29
NHK BS-1の番組「Cool Japan」にて、東京都葛飾区・荒川区に設置されている小型公共表示「想定浸水深」が紹介されます。
■放送日:2023年9月17日(日)18:00予定 
>詳細はこちら
2023.05.24
6月30日まで「5月28日 電柱広告のキャンペーン」を全国で実施中!
2023.05.24
全国電柱広告連合会のホームページを開設しました。